赤ちゃんと暮らす部屋づくり。木目のジョイントマットを敷き詰めてみた

おすすめグッズ

こんにちは。かおぷう(@kao6109)です。

娘が生後6ヶ月となりました。毎日とても元気!!

動きが活発になってきて部屋中をコロコロ転がるので目が離せません。

ズリバイも始まってます。

そうなると赤ちゃんにとって安全な部屋づくりを考えますよね。

我が家では引っ越しを機にジョイントマットを敷き詰めたのですが、

このジョイントマットがかなり良くて!

買ってよかったー!これにしてよかったー!と心から思うので

今回は我が家で愛用しているジョイントマットについて書きますね。

ジョイントマットを6畳のリビングに敷き詰めた

我が家で購入したのはタンスのゲンのジョイントマット

色はホワイトを選びました。

引っ越してすぐにリビングにジョイントマットを敷き詰めました。

ホワイトと言ってもナチュラルな木目の色合い。

ピッタリ敷き詰めたかったので、右端は1枚ずつ半分くらいにカッターで切って調整。

娘がお昼寝している間にコツコツと。結構大変な作業でした。

O型なのに変なとこ徹底的にこだわるクセが…笑

このジョイントマット、大判なので必要枚数が少なくてすみます。

なので敷き詰めるのも簡単。

木目なのもいいですよー!ナチュラルな雰囲気になります。部屋がパッと明るくなります。

後からソファを置きました。もう、ジョイントマットの上に置いちゃってます。

今のところマットは脚の部分が凹んでるくらいで、何も問題ないです。

普段はこの上にイブルを敷いてます。

この上で娘とお昼寝するのが最高に贅沢で幸せな時間・・・♡

産後しばらく義実家にいたのですが、遊ばせられるスペースが狭くてもどかしい気持ちでいました。

引っ越して広々したスペースができたことで、娘も思いっきり体を動かせてる気がするし、

楽しそうです。楽しそうなのが一番!

ジョイントマットのメリット・デメリット

メリット
  • 転倒対策になる
  • 汚れてもすぐ拭ける
  • 防音できる

汚れても拭けばいいだけなのが嬉しい。

防音も大きなメリットの一つ。集合住宅だと大人の足音も結構ひびきますよね。

周りを気にしすぎず生活できるのも嬉しいですね。

デメリット
  • すき間にゴミが溜まりやすい
  • 端を噛んだり指でガリガリしてしまう

多少掃除がしにくいのは仕方ないですよね。

端を噛んでしまうのは赤ちゃんの好奇心なので止められません。笑 しょうがない!

このジョイントマットに関してはおしゃれなのも大きなメリットの一つ。

木目の大判ジョイントマット、赤ちゃんのいるお部屋づくりにぜひ!おすすめです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました